マスクパック長く貼るともっといい?

マスクパックは目・鼻、口に穴をあけて顔の模様に合わせて製作したシートに多様な成分を含有して、私の肌に栄養分と水分などを供給して与える化粧品を言います。 マスクパックは1990年代不織布パックから始めて持続開発を通じて、今はハイドロゲルとバイオセルロースを利用したマスクパックで発達しました。

f:id:bryan0230:20180616110243j:plain

マスクパックはスキン・ローションとは違って、付加的な目的(ホワイトニング・アンチエージング・リフティング・真・水分供給など)を期待して使用する化粧品です。 それで多くの人が別に購入して必須的に使用する便はないのに、多くの芸能人が1日1パックに肌の手入れをするという話がマスコミを通じてたくさんして関心を持つ方が多くなりました。

f:id:bryan0230:20180616110338j:plain

1日1パックに関する話からやってみようと思います。 1日1パックになれば、本当に肌がよくなりますでしょうか。 科学的に効果を検証を受けたものではないため、断言できない場合も実際に1日1パックを通じて肌が良くなったという経験をしてみた方があるはずです。

 


スポンサードリンク
 

 

しかし、人によって肌のタイプが異なるので、同じ効果を断言できません。 そして1日1パックはメリットよりデメリットが多いといえるが、肌が高濃度の濃縮液が盛り込まれたマスクパックに持続露出されれば、顔の皮膚はまるで熱い湯に体を呼ばれるように火をかけます。

f:id:bryan0230:20180616105934j:plain

肌を呼ばれる行動は老化を促進する行動です。 短期的に肌に効果があるように見えるが、長期的に見れば、顔の皮膚にそんなに良くありません。 そして公開しなかったマスクパックは思ったより流通期限が長い方だが、これを可能にする成分が防腐剤です。 もちろん、自然に蒸発して消えるほどの微量です。 しかし、毎日マスクパックを使用すると微量の防腐剤も肌に刺激を与えることができます。

f:id:bryan0230:20180616110005j:plain

また、特殊な機能があるマスクパックも注意しなければなりません。 水分供給が注目的なマスクパックは、それでも副作用が少ない方だが、毛穴の縮小やホワイトニングなどの効果がある製品で、1日1パックに入れば肌に様々な副作用を誘発する可能性があります。

 

次に多く誤って考えていることの一つがマスクパックを長くつけばより良いものと考えているでしょう。 参考でマスクパックの推奨使用時間は10~20分です。 その以上をつけると、マスクパックを含有した成分が蒸発しながら肌の水分を奪って、乾燥させます。

また、マスクパックをつけてお休みになる方もあるが、マスクシートは肌老廃物の円滑な排出を妨害してトラブルを誘発する可能性があります。 したがって、マスクパックは推奨時間だけ使用して、はなしれるのがいいです。 いたずらにもったいないという考えでもっとつけていれば元も子もないことができます。

f:id:bryan0230:20180616110255j:plain

最後にマスクパックを冷蔵庫に入れて使用される方も多いと思います。 これは、マスクパックを冷たくしてクーリング効果を期待する行動だが、クーリングが実際肌に肯定的な効果を与えることができても、マスクパックの成分は冷たい温度があまり良くないことができます。

特に長時間マスクパックを冷たくしたらほっといたらマスクパックの成分を破壊できるため、マスクパックは15℃前後の常温で保管するのがいいです。 もし冷たくして使用したければマスクパックを使用して20分前に冷蔵庫に入れていただいて使用すればいいです。

 


スポンサードリンク