トイレの洋式トイレのふたが離れて聴力を失う危機に直面した事例

日常的に繰り返される強い音に露出することにより、音響外傷を受ければ、内耳が損傷を受けるものと"騒音難聴"に陥る可能性があります。 イヤホンやヘッドホンを通してボリュームを大きくすれば騒音難聴になる危険があるが、惑星科学者だったPhil Metzger氏は、"トイレの洋式トイレのふたが閉まる音"のために、騒音難聴に至った原因を明らかにしており、周波数と音の大きさを計算して何があったかどうかを解明しています。

f:id:bryan0230:20180614095520j:plain

Metzgerさんがトイレのタンクの修理を終えて洋式トイレのふたを閉じとしてミスで手から外されて、便器のふちにぶつかったものです。 ふたが離れた距離はわずか20センチほど、セラミック便器とふたが粉砕されたり、壊れていないが、その時"音"が大きく出ました。

 この状況で何別に問題がないと思います。
しかし、音が鳴った瞬間Metzgerさんは、大きな衝撃を受けてよろめきながらトイレから出て、居間にひざまずいてしばらくいるしかありませんでした。
いったい何が起きたのか理解できなかったMetzger氏、次第に体に異常があるのを発見しました。

 Metzger氏が宇宙往復船の通信システムに実施する音声テストのように"Commcheck 1、2、3"を話してみましたが。
声は"カージュ(kazoo)を通じて言うように聞こえたということ"。カージュは人の声を変形・増幅させる単純な構造の楽器です。

 


スポンサードリンク
 

 

やっと20センチの距離にタンク・キャップが離れて聴覚に深刻な損傷を与える"ということが信じられなかったMetzger氏がセラミックの音速と便器の蓋の大きさで周波数を求めてみると、発生した音は3.5キロヘルツで推測。3.5キロヘルツの音は人の可聴範囲にあるということを発見しました。

f:id:bryan0230:20180614095845j:plain

便器の端は破損が出来なかったため、衝撃エネルギーの大部分は"音"の形で現れました。 タンクのふたはアンテナのようにへこんでおり、顔の近くでふたと便器の端がぶつかることで、エネルギーが自分の顔に集中されただろうとMetzgerさんは考えています。

 そのエネルギーは耳の中にある聴覚を担当する感覚器官、ダルペンキの棺に到着して、カタツムリ管にある基底膜は周波数によって振動しやすい位置が異なるので、便器の蓋による"特定周波数"のエネルギーは基底膜の特定部分に集中したためにMetzger氏が被害を受けたということです。

翌日には、聴力が少し戻ってきたが、それでも人たちの声は"カージュを通じて響く音"のように聞こえました。 聴覚学者の友達から48時間以内に改善しない場合、ダメージは永遠に残ることになるために早く病院に行かなければならないという助言を受けて、幸い、48時間後には回復されています。

 ケネディスペースセンターで働く時は聴力保護を含めた実験室の安全責任を負っていたというMetzgerさんだが、トイレタンクのふたを落として聴覚に損傷を受けるという潜在的な危険については考えてみたことがなかったです。

f:id:bryan0230:20180614100051j:plain

便器の端で鳴った音について計算した結果、20分の1秒の速度で弾丸が50センチの距離を移動する音の大きさは138dBでした。 140dBなら、ジェットエンジン近くの音と似と言われているために、これはかなりの大きさです。

また、周波数の幅が狭いたことも衝撃が集中することになって耳に悪影響をもたらしたことが明らかになりました。 素材の表面が固く、エネルギーが音になるまでの時間が短かったことや素材に損傷がなかったことも、強烈な音を作った原因という。より安全な便器の端を作るためには分子の関係を破壊するのにエネルギーを使用して、衝撃を分散させる必要があります。


スポンサードリンク